あなたのカート
Close Alternative Icon

デンマークデザインとスカンジナビアデザイン

Arrow Thin Left Icon Arrow Thin Right Icon
デンマークデザインとスカンジナビアデザイン
スカンジナビアデザインとデンマークデザインという用語の意味に悩んだことはありませんか?「スカンジナビアデザイン」という言葉は、主にデンマーク、ノルウェー、およびスウェーデンを含む北欧の一部の国々から成るスカンジナビアを語源に持ちます。

スカンジナビアデザインは、そのシンプルさ、機能性、そして美しさが評価されており、世界中の多くの家庭で取り入れられているスタイルです。今日では、スカンジナビアデザインの影響を一切受けていない家庭を見つける方が困難なほどです。

その好例がIKEAで、世界最大の家具販売店としてスカンジナビアデザインの代名詞的存在になっています。しかし、この有名のブランドは、正確にいえばスウェーデンのエルムフルトが発信地となっています。スカンジナビアデザインの重要な特徴のひとつは、製品は常に誰もが使えて誰もが購入可能なものでなければならないという考え方がその着想源になっています。

スウェーデンデザインに特有の特徴として、ほかの何よりも効率性を優先していることが挙げられます。スウェーデンのデザイナーたちは、この考え方を今でも重視しています。しばしば、スウェーデンのアプローチをいい表す形容詞として、「ミニマリスト、機能的、そして明瞭なライン」という言葉が使われます。現代のスウェーデン人デザイナーは、既存の美の体系や従来型の手法にメスを入れる傾向にあります。こうした特徴が全て合わさり、スウェーデンではスカンジナビアの他の国とは異なるデザインが生み出されているのです。



以上のスカンジナビアデザインの定義をもとに、スカンジナビアデザインで最も存在感がある2つの流派であるスウェーデンデザインとデンマークデザインの重要な差異について見ていきましょう。

以上を踏まえて、オーガストベーグが専門としているデンマークデザインについて深掘りしていきましょう。デンマークデザインに通底する要素として、温かみと快適さに満ちたライフスタイルや雰囲気を表す言葉である、ヒュッゲの技術が挙げられます。デンマークの家庭は装飾過多にならず、空間に強い力点が置かれる傾向があります。これは、時代が過ぎても色あせない魅力で有名なデンマークデザインのコンセプトの延長線上にあるものです。多くのアクセサリーやファッションのスタイルは、明るい色、使いやすさ、それにミニマリストで明瞭なラインを中心にしており、それには古典讃美の意味合いもあります。



ミニマリストな北欧スタイルの例として、アップルストアが挙げられます。店にあるもの全てに、何らかの目的があります。アップルストアに不要なものが溢れていることなど、ほとんど、または全くありません。多くの店舗は光量が豊富で、明るく、広々としています。空間と機能性を最も洗練された形で優先しているのです。アメリカ人がデザインしているものではありますが、デンマーク人がデザインした部屋に見られるであろう代表的な特徴が見られるのです。多くの人がアップルストアを思い浮かべられるほど強く印象付けられるのは、おそらくそこに平穏さと静けさが満ちているからでしょう。

また、デンマークデザインの製品ならどれを購入しても、耐久性を期待できます。デンマーク人たちは、生産量ではなく品質を優先させる考え方を極めて大切にしています。だから、家具であれ、レゴであれ、スピーカーであれ、そしてもちろん時計であれ、デンマークデザインの製品を購入すれば、たった数年ではなく一生使い続けられるだろうと考えて大丈夫です。デンマーク人たちは、心と魂を込めて製品を作ることに誇りを感じています。どの業界であれ、デンマークデザインの職人芸を披露できることに誇りを感じているのです。

では話題を時計に移しましょう。スカンジナビアデザインとデンマークデザインという用語の意味に悩んだことはありませんか。スカンジナビアデザインと時計とデンマークデザインの時計の違いについて、詳しくご紹介します。

時計の世界とスカンジナビアデザイン業界に目を向けてみると、しばしばデンマークデザインの時計に注目が集まります。デンマークは、簡潔さと機能性を極限まで追求したスタイリッシュで身に付けやすい時計を武器に、時計の世界で他の追随を許さない評判を打ち立てました。オーガストベーグが重視しているのは、1950年代の古典的な時計デザインに現代的な機能とデンマークの風景を着想源にした色を組み合わせることです。



デンマークデザインの時計をきっかけにスカンジナビアデザインについて関心が出てきたという場合には、デンマークの著名デザイナーであるハンス・ウェグナーやアルネ・ヤコブセンの作品をまずはご覧ください。これらのデザイナーの家具に用いられたエレガントなラインは、明瞭さで有名な北欧デザインの好例であり、究極的にはデンマークの時計にもその北欧デザインの影響が見られます。



ところで、オーガストベーグ をデザインしているのは、コペンハーゲンを拠点とするマグナス・ヨルゲンセンです。これまで、アルネ・ヤコブセンの腕時計など、幾つもの有名な国際的デンマークブランドとコラボレーションを重ねてきました。こうした広範な試みが評価され、デンマークの重要な時計デザイナーとしての評判が確立するに至っています。

デンマークデザインのブランドのもうひとつの要素として、地域への還元にコミットする姿勢が挙げられます。ブランドとはブランド以上のものです。その意味合いや目的を紐解くと、心が温まるストーリーが隠れているのです。おそらくこれも、デンマーク人が世界で最も幸せな国民のひとつに数えられている理由のひとつでしょう。

オーガストベーグ ではそれを念頭に、この世界にプラスの貢献をすることを目指すことを中心的価値観としています。オーガストベーグ は、時計の目的を再考するよう地域に促すというミッションを掲げて、デンマークデザインの時計を提案しています。時計を、失ってしまった時間を数える機械から、潜在的チャンスを図る機械にするために。

ドイツのミュンヘンで行われたInhorgenta Fair 2020でグローバルデビューを果たしたオーガストベーグ は、私たちに与えられた時間を大切に思う気持ち、またその時間をいかに使うかは極めて重要で、本質的なものを提案しています。

デンマーク人の小売業のスペシャリストであるアンダース・ピーターは、彼の息子であるカール・オーガストからインスピレーションを受けて、本ブランドを創業しました。アンダース・ピーターは、時間こそ自分自身や他者に与えることができる最高の贈り物であると考えています。オーガストベーグ では、時間を無駄にしてしまう原因にあふれたこの世界において、そうしたものから距離を置き、自分にとって真に大切であるものや自分の価値観とのつながりを取り戻すよう、人々をインスパイアすることを目標としています。そのため、オーガストベーグ の時計はどれも、意識的に生きよう、愛する人たちに全身全霊で寄り添ってあげよう、そして昔なら夢見るだけで怖かったような夢にも果敢に挑戦して実現しよう、というメッセージを明瞭に伝えてくれるのです。

この還元のコンセプトは、単に「時間」という形だけではなく、デンマークのコペンハーゲンに拠点を置くデンマークの非営利財団であるHuman Practice Foundationとの提携という形でも、具体的に取り組んでいます。



オーガストベーグ では、人々の生活にプラスの影響を与えられるよう努力しています。その中でオーガストベーグ は、時計をひとつお買い上げいただくごとに、Human Practice Foundationを通して、6ヶ月分の質の高い教育をアフリカやアジアの農村地域の子供達に寄付しています。またオーガストベーグ は、時計を20,000本お買い上げいただくごとに、Human Practice Foundationを通して、地域の子供達のための学校を建設します。

このような方法を通して、August Bergとその創業者であるAnders Peterは、タイムフルな生き方を提案し、社会に還元できればと考えています。なぜなら、時間は贈り物であり、時間がある私たちはそれを必要としている人々に分け与えるべきであるからです。Anders Peterは、教育によってより明るい未来を提供すること以上に価値のある贈り物はないと考えています。

Human Practice Foundationは、ネパールとケニアで質の高い教育の提供と地域における収入源の創出に取り組んでいます。

結局のところ、スカンジナビアデザインの根底にあるのは、機能性と美しさ、つまりシンプルでありつつ洗練されたデザインと巧みな職人技を献身的に追い求める姿勢なのです。

コメントを書く