あなたのカート
Close Alternative Icon

ポジティブに生きるための5つの習慣

Arrow Thin Left Icon Arrow Thin Right Icon
ポジティブに生きるための5つの習慣

習慣とは、自分の一部になるまで繰り返して実践することで形成されます。ときには、自分でも気づかないうちに習慣化していることも。習慣は、それがどのようなものかによって、私たちを人として成長させてくれることもあれば、その逆になることもあります。

意図的に新たな習慣をつけることにはすくみ足になってしまう人もいるかもしれません。現在のライフスタイルを崩すことになってしまうと考えるからです。現在のライフスタイルを大きく変えることになるのなら、それも納得。しかし、大して意味がないように思われる小さな習慣の中にも、実際には人生に大きなインパクトを与えられるものがあります。

では5つの習慣をご紹介します〜

 

1. 寝る前に数分時間をとってその日を振り返ろう

これは誰でもやり方を知っているはず。プロセスも簡単です。ペンと紙を用意して座り、邪魔が入らない環境で、その日に自分に起こった3つのいいことを書き出しましょう。それによって自分がどのように感じたか、そしてどうしてそれが起きたのかも忘れずに書き添えてください。これによって、いいことに意識を集中させ、人生の満足感を得ることができます。

2. もっと笑う

この小さな習慣には大して意味がないように思われるかもしれませんが、もっと笑顔になることによって、自分は幸せだと自分に感じさせることができます。

3. 瞑想しよう 

「瞑想」という言葉を聞くと恐れ多く感じたり、または耳にタコができたように感じたりするかもしれませんが、結局のところ自分のための静かな時間を用意しよう、というだけのことです。目を閉じてリラックスし、心を落ち着けましょう。このメンタルエクササイズで、精神をより健康に保ち、日中の集中力を上げることができます。それでも瞑想に躊躇してしまうなら、他の多くのメリットにも目を向けてみましょう。不安感をコントロールしたり、注意力の継続時間を延ばしたりできるのです。それに、必要なのは1日の中で本当にわずか数分だけです。

4. 日記をつけよう

ToDoリストを書き留めたり、ミーティングやアクティビティーの予定を書き入れたり、自分の出費を記録するのに使いましょう。紙にペンで書き出すことで、全てを俯瞰することができ、ToDoリストを優先度順に管理できます。またこうすることで、自分の考えや行動を再び自分でコントロールできるようになるため、考えすぎたり無駄に悩むことを減らす助けになることも。それは、アポイントメントを忘れたり、急いで何かをしなければならないということを減らす助けになるはずです。

5. 感謝を示そう

少しでもいいので、毎日誰かに対して大切に思っているということを伝えましょう。同僚に笑顔を見せたり心から「おはよう」といってみたり、バリスタに快く「ありがとう」と伝えたり、大切な人に愛していると伝えてみましょう。これらはどれもシンプルでありながら、謝意と熱意を伝えられます。感謝を忘れないことで、自分にはないものではなく、自分に与えられているものに意識を集中することができます。それによって、より人生に満足して幸せに感じられるようになるのです。

これらの習慣を是非つけてみて、感想をお聞かせください。

コメントを書く