あなたのカート
Close Alternative Icon

「落ち着いて流れに身を任す」ための3つの方

Arrow Thin Right Icon
「落ち着いて流れに身を任す」ための3つの方
「うわ、いつの間に時間が経ってしまったんだ」、「もう年末なんて信じられない」。ほとんどの人は、時間はあっという間に経ってしまうものだと感じているでしょう。「調子はどう」と聞かれたら、決まって「忙しい」と返事した経験は何度もあるのではないでしょうか。時間が過ぎる速度をコントロールできないのは事実なので、それなら自分の方から落ち着いてリラックスしてみては。

私たちは常に、幼児やアポイントメントをこなそうと、精一杯に様々な場所をまわっています。1日が終わるこるには、クタクタで疲れ切ってしまいます。あなたもそうなら、限られた時間で多くを達成しようと頑張り過ぎるのではなく、自分自身に優しくなってみてください。

「落ち着いて流れに身を任す」ためのポイントをいくつかご紹介します。

ポイント#1:「シングルタスキング」に専念しよう

マルチタスキングとは反対に、1度にひとつのタスクをこなしていくことで、あなたの効率を大幅に向上する助けになることも。様々なプロジェクトの間を行ったり来たりせずにシングルタスキングに徹することで、ひとつのタスクに完全に集中することができます。マルチタスキングの方が効率向上につながるように思われるかもしれませんが、実際には実際より仕事に追われているような感覚に陥ってしまいます。それに対して、シングルタスキングはよりシンプルなので、ストレスやミスにつながることが少なくなります。というわけで、無計画に多くをこなそうとするより、1度にひとつのことを効率的にこなしていく方がいいのだということを覚えておいてください。

ポイント#2:1日にたくさん用事を詰め込み過ぎるのはできるだけ避けよう。

効率性を追求して貴重な時間を一切無駄にしないようにと、私たちは1日にたくさんタスクを詰め込み過ぎる傾向にあります。しかし、しなければならないことの数が多過ぎて圧倒されることもしばしば。こなさなければならない仕事には常にキリがないので、1日で行う用事の数を限定することで、ワークライフバランスを達成して全体的な効率性を上げることができるようになるかもしれません。

ポイント#3:好きなことをするための時間を作ろう。

ついつい食べてしまうデザートを食べるのであれ、お気に入りのアルバムを聴くのであれ、ただ愛する人と一緒に過ごすのであれ。簡単なことのように聞こえますが、多くの人はこれを軽視する傾向があります。これを行うことで、よりエネルギーに満ち、最も重要なことに、より幸せに感じられるはず。また、モチベーションを上げたり、精神の健康を保つのにも役立ちます。

最後に、ときには待ちわびた休憩をとることを忘れずに!

コメントを書く