あなたのカート
Close Alternative Icon

たった一つの会話

Arrow Thin Left Icon Arrow Thin Right Icon
たった一つの会話
友達と一緒にいるとき、あなたは何をしていますか。

一緒に食事をしますか。買い物に行きますか。深い会話をしますか。それともお互いリラックスしてくつろぎますか。

「友達と一緒に過ごす」といっても、実際どうするか、そしてそれをどのように捉えるかは、私たちそれぞれで異なります。

中には、友達を家族として捉える人いるし、家族を友達として捉える人もいるでしょう。友達と過ごした時間を振り返れば、この上なく幸せで何も気遣う必要がなかったという思い出がよみがえるかもしれませんが、実際に友達とマインドフルな会話をできたと自信を持っていることはどれほどあるでしょうか。単に深くて本音の会話をするというだけではありません。なぜなら、意識は別のところに向いているかもしれないです。会話している相手に自分の全てを捧げて関わってあげることが大切。職場や、さらにはエクササイズ中のマインドフルネスについては、すでにたくさんお話ししました。

今日のトピックも一緒です。

  • 携帯電話ではなく、友達に目を向けよう。
会話相手が携帯電話を見てばっかりということがあります。そして時々、私たちはその「会話相手」です。仕事関係でもSNSでも関係ありません。携帯電話ではなく、友達に目を向けましょう。緊急でなければ、一緒にいる友達に全神経と敬意を向けることを思い出して。

  • 聴いて、考えて、それから返事をしよう。
マインドフルな会話にはマインドフルな傾聴が必要です。友達がいっていること、そしていい方に注意深く耳を傾けてください。話す言葉を通して、相手の感情を聞き取って感じることはできるでしょうか。実際に口に出していることよりも、視覚的なサインのほうが多くを語ることがよくあります。返事をする前に、そのようなサインを全て観察して吸収しましょう。ことわざ通り、「考えてから話す」のが大切です。そうしないと、単に相手に軽率に反応しているだけということになってしまいます。

マインドフルな会話とは、自分の価値観で判断することなく、真に傾聴し、友達がいっていることを真に理解するということ。そうして初めて、真に返事をすることができるのです。

たったそれだけ。たった2つのことに気をつけていればいいのです。

それから、誤解を避けるために、自分が聞き取ったことを友達に伝え返してみましょう。自分の言葉で、今しがた自分に伝えられたことの自分なりの理解を表現してみましょう。そうすることで、もしも誤解しているなら友達が訂正してくれる機会になります。

これは、友達だけではなく、今後の会話全てに応用できます。マインドフルなコミュニケーションなら、仕事でも家庭でも、さらに多くを達成できると実感できるはず。


必要なのは、そのひつの会話です。

コメントを書く