あなたのカート
Close Alternative Icon

拒絶されたときに効果的に対処するための3つの方法

Arrow Thin Left Icon Arrow Thin Right Icon
拒絶されたときに効果的に対処するための3つの方法

私たちは、仕事であれ、人間関係であれ、さらには恋愛関係であれ、人生のいずれかの段階で、他者から拒絶されるという経験を味わいます。そこで重要になってくるのが、拒絶にどう対処するか、という問題です。


感情面から来る全ての苦痛と同じように、拒絶されるとみぞおちを大きく殴られたばかりのような感覚に襲われ、感情的にも身体的にも悪影響が発生することがあります。アメリカ心理学会による心理学的研究によると、「脳の立場からすると、失恋は腕を骨折するのと大して変わらないかもしれない」とのことです。


人生の展望にネガティブになり始めたり、自分自身を疑問視し始めたり批判し始めたり。その結果、自分の成長と発展を妨げることにつながってしまいます。この負のループに巻き込まれないための方法があります。その瞬間には難しいかもしれませんが、拒絶は苦痛を伴うものの、私たちを定義したり私たちを引き止めるものとして捉える必要はないのだということを思い出すのが大切です。


ご想像の通り、答えはマインドフルネス。


ほとんどの問題はマインドフルネスで解決できそうな勢いですね。少なくとも精神面や感情面の問題は。


では、拒絶に対処するには、マインドフルネスをどのように利用すればいいのでしょうか。強固な精神の持ち主が拒絶に対処する3つの方法をご紹介します。


マインドフルネスや瞑想の全ての実践法と同じように、まずは呼吸法から始めます。問題に直面して対処法がわからなかったりどう反応すべきかわからないときには、一旦立ち止まって、ひとつ呼吸をしましょう。そうすることで、目の前の状況を素早く確認でき、初めから考えすぎたりネガティブな考えに陥ることを防げます。そうしたネガティブな考えは、目の前の問題とは無関係ということすらあるのです。


そして、自分の感情を認めましょう。苦悩や苦痛を抑圧したり、無視したり、否定するのではなく、気分が落ち込んだり、残念に感じたり、苦痛を感じているときにはそれを認めましょう。それによって、癒しのプロセスを始動させる助けになります。自分の感情を触媒のように使ってみましょう。不快な感情に正面から立ち向かうための自信をつけることが、健全な方法で不快な感情に対処するにあたって極めて重要です。


誰でも時折拒絶を経験するのだということを思い出してください。拒絶とは、人間として生きる上では、残念ながら誰しも経験しなければならないもののひとつです。拒絶というのは、自分、自分のスキル、または自分の価値とは全く関係なく、状況から生じてしまったものに過ぎないかもしれないのだということを思い出しましょう。自分が不十分だったせいで拒絶されたのだと頭ごなしに決めつけないようにしましょう。全てのものは理由があって起きるのだと、そして、その理由を自分ではコントロールできないこともあるのだと、思い出してください。
その過程を通して、拒絶で頭がいっぱいになって、それに負けてしまってはいけません。怒りをあらわにしたり、自分を惨めに思う前に、一旦立ち止まり、ひとつ呼吸するのを忘れないでください。拒絶を受け入れつつ、それに悲嘆しないように。

拒絶されて悲しい気持ちになるのはいたって普通のことです。しかし、その次の行動が、乗り越える助けになるのです。教訓として、成長と自分磨きの機会として捉えてみてください。拒絶とは、自分の価値を反映するものではなく、そこから立ち上がってよりよい人になることもできるのです。

自分に時間という贈り物をして、大好きなことをしたり、大切な人のそばにいたりしましょう。愛と光に囲まれた場に身をくことは、いつだってオススメです。

コメントを書く