カート

虹を追いかけて

虹を追いかけて

塗り絵はどうと思いますでしょうか?

カラーリング(着色)は若い子たちの趣味と感じる人もいるかもしれない。世の中がもっとシンプルかつ鮮やかに着色され、そしてまだ大人の生活のストレスや不安を知らなかった時に、静かに保たれた子供時代の記憶を思い起こさせる人もいるかもしれません。塗り絵はは子供の頃の私たちの生活の大きな部分でしたが、大人になってから、この幼い自分の部分を、終わりのない仕事や予定のリストに置き換えてきました。

実は、カラーリングは子供だけの活動ではありません。塗り絵の本で着色に非常に多くの利点がありますので、あれを子供時代の記憶ままでほっとけば残念です。

今日、再び着色を取ることを奨励するために、塗り絵の本で着色の利点のいくつかをお伝えしたいと思います。

精神衛生(メンタルヘルス)

着色は、不安の思いを軽減し、フォーカスを増加させるように、瞑想と同じ利点をもたらしながら、瞑想の素晴らしい選択肢であることです。2011年の画期的な研究では、個人がマンダラ(記号の幾何学的構成)を着色したときに、不安レベルが低下した。そして瞑想状態を誘導するように、心が思考や物事の海を溺れさせ、現在に再び焦点を合わせるためのスペースを与えます。

自分を表現する

他の人ほど社交的ではありませんの人がいるかもしれない。この人にとって、外向的なカウンターパートとは異なり、公然と自分の意見や感情を言葉で表現するのが難しいかもしれない。これを感じるの人にとって、着色は考えを簡単に表現する素晴らしい方法です。言葉の代わりに色を使用して、自分が感じているかを示す方法の無限の量があります。さらに、日中に抱かれていたかもしれない否定的な長引く感情を和らげるのに役立ちます。例えば、良い一日を過ごしている場合は、黄色、オレンジと赤を使用する傾向があります。 逆に、悲しみの感じを換起するのに黒か青調色を使用するかもしれない。

コミュニケーションと絆を築く

着色は、言語、年齢、身体を超越する普遍的な活動です。仕事で忙しく、家で子供と接する時間がなくても、まるで誰かとの接し方の妨げになっているような気がしても、色彩の単純な活動をすることで、より良い絆を築くことができますし、同時に私達が他の党の思考か気分をよりよく理解するのを助ける結合の活動。

近年は、着色のメリットを理解する人が増えるにつれてから、このアクティビティが人気がになっていました。それゆえ、オーガストベーグの共同創設者であるアン・トラッド・ジュエル・ザウアバーグは、この記事に触発されたの人にカラーリングを始めるために、ダウンロード可能なカラーリング・ブック(塗り絵)を作成しました。ここから入手できます。この塗り絵は美しい幾何学的なデザインと高揚の引用符を備えた9デザインがあるので、是非ダウンロードして見てください。

 

もしこの塗り絵をダウンロードしたら、是非インスタグラムで@augustbergjapanをタグして、カラーページを表示してくださいね〜