カート

睡眠不足でしょうか?

睡眠不足でしょうか?
多くの人は携帯電話を使いながら床につきます。私もそうです。取り残されることへの恐れが強がったり、何も考えずにSNSをスクロールしていたり、最新のNetflixシリーズを見ていたり... ...

夜中寝付けなくて寝返りを打ってばかりだったり、顔に携帯電話が落ちてきたり経験あったでしょうか。もしそうなら、携帯電話が原因かもしれません。安眠には寝る前に携帯電話を見ないことが大切だという、親切なアドバイスを聞いたことはあるでしょう。このよく耳にするアドバイスの背景にはどのような科学的見地があるのか、不思議に思ったことはありませんか。

実際、ベッドで携帯電話を使うかどうかと、実際にどれほど長く寝られるかには、相関があります。

夜遅くに携帯電話を使うと、待ちわびた休息を奪ってしまうまさにその犯人に、気づかぬうちに手を貸してしまうことになります。それは、大切に使っているデジタル端末から発せられるブルーライトへの暴露です。

本来ブルーライト自体は危険なものではありません。注意力を向上したり、反応時間を短縮したり、ムードを高めるにあたり、太陽から自然に浴びるブルーライトは欠かせない役割を果たしてくれます。しかし不適切な時間にブルーライトを浴びると、マイナスの効果が出てしまいます。入眠を助けてくれるメラトニンというホルモンの分泌を抑制するため、これまでになく目が覚めた状態になってしまうのです。

そうと知りつつどうしても寝室に携帯電話を持ち込んでしまうと、ブルーライトを長時間浴びることで、記憶力が低下したり、集中力の持続時間が短くなったり、パフォーマンスが下がったりする可能性があります。それは私たちに生理学的、そして心理学的な悪影響をもたらします。

十分な時間睡眠を得ることで、私たちの脳と体は回復することができます。ということで、床につく時間になったら、携帯電話はしまいましょう!携帯電話を使いながら床につくのを防ぐためのいくつかの実践的な方法をご紹介するので、安眠を得る一助にしてください。

  • リミットと行動計画を策定しよう
仕事にもレジャーにも終わりはありません。それでもその2つの間で、健康的なバランスとリミットを見出すことは可能です。そうすれば、急速に悪影響を出さずに時間を過ごすことができます。それを実現するにあたっては、実践的な行動計画を策定するといいかもしれません。例えば、携帯電話に「定位置」を設定したり、自分自身に十分「休息」の時間を与えたり、読書や運動など普段しないアクティビティーをしてみるなどです。

  • 本物の目覚まし機能単体の時計を使おう!
技術が便利になった今、昔ながらの目覚まし時計を持っている人はいないかもしれませんが、だからといって持たなくてもいいということにはなりません。目覚まし時計が手元にあれば、携帯電話が「唯一の目覚まし」だからと言い訳して携帯電話を使う余地がなくなり、ブルーライトの暴露量を大幅に減らすことができるでしょう。それに、本物の目覚まし時計ならアラームが鳴った際にスヌーズして二度寝することもできません!

どうしても、どうしても、どうしても携帯電話を使わなければならないこともあるでしょう。そこで、その他の短期的な解決策もご紹介するので検討してみてください。

  • ブルーライトカット眼鏡をかける
その名の通り、ブルーライトを遮断することができます。研究によると、この種のメガネは、夜にデジタル機器をいつも通り触ったとしても、メラトニンホルモンの分泌を促進し、入眠を楽にしてくれるとのことです。昼間にかけておくこともできます。

携帯電話のナイトモードを使おう
一般的に、「寝る2〜3時間前は明るい画面を見るのを避けましょう」と、医者はアドバイスしてくれるでしょう。その代案として、ナイトモード機能を有効化することで、ブルーライト暴露量を減らすことができます。

結局のところ、単に眠りの質や量だけではなく、その中でどのような質の人生を歩むかが大切です。健康も人生も、その時間を決めるのはあなた。毎日最高に楽しんで、好きで情熱を傾けられることに時間を使うこともできます。しかしそれは全て、まず自分自身を労わないことには実現できません。
安眠生活を始めましょう。携帯電話を手放すだけで人生は変わり得ると信じて!